成功、失敗…他社のどのような例が役に立つ?

メガバンクはハードルが高い!

起業する人にとって、法人口座開設はまず始めたいことです。ただし、個人口座開設のように簡単ではないのです。では、どのように進めていくのがいいのでしょうか。口座開設の失敗例の多くは、開設する際の銀行選びにあります。どの銀行と取引があるかは会社の信用度にもかかわることなので、出来れば大手銀行を選びたいところでしょう。しかしメガバンクと呼ばれる銀行は、法人口座開設のハードルがとても高いと言われています。起業時は資金繰りの負担を考え、家賃の安いところに事業所を構えることも多いでしょう。将来のことを踏まえて、都市部のメガバンク支店に口座開設を申請しても通らないのです。法人口座開設は事業所から最も近い支店を選ぶことが大切で、メガバンクよりも地域密着型の信用金庫の方が解説しやすいと言われています。

必要書類をそろえられるかどうかがカギ

法人口座開設に必ず必要な書類は、登記事項証明書・印鑑登録証明書・銀行印・会社実印・運転免許証など本人確認証明書ですが、それ以外にも提出を求められる書類がいろいろあります。事業内容が記載されている会社の定款や事業計画書、納税証明書などがありますが、ほかにもホームページのコピーや今までの取引が証明できる請求書や契約書などを求められることもあるのです。起業時に今までの取引の証明書類を求められても、実際には準備できないということもあるでしょう。メガバンクなどはこうした提出書類が多いことから、開設が難しいと言われているのです。ですからどうしてもメガバンクに口座が欲しいという場合、まずは開設しやすいと言われる信用金庫などで法人口座を作っておき、事業実態を作ってからメガバンクに申し込んだ方がいいといわれています。