メガバンクを選ぶ場合のメリット・デメリット

メガバンクを選ぶメリット

メガバンクの最大の特徴は、日本の各地で支店を持っているという、規模が大きな銀行であるという点です。これがメリットに大きくつながっています。メガバンクに法人の口座を持っていれば、それだけしっかりした会社なのだというイメージを持たれやすく、社会的な信用がアップすることがまずひとつあげられます。全国に支店を持っているため、様々な場所で活動をしやすく、海外からの送金・振り込みにも対応しているという点でもメリットです。このほか、メガバンクは資本がしっかりしているので、高額な融資にも対応できるというメリットもあります。これらのことから、メガバンクを利用すれば、企業としての活動の幅が広く対応することができるという点がメリットです。

メガバンクを選ぶデメリット

メガバンクにはメリットばかりではなくデメリットもあるので、企業の活動に合わせてしっかりと見極めることが重要です。メガバンクで法人口座を持とうと思った際のデメリットのひとつが、開設のための審査が厳しいということです。法人口座を開設する際には、どの銀行であっても資本金や事業目的などを審査されるものですが、メガバンクではその審査基準がより厳格に定められています。また、口座を開設して維持するには手数料がかかるものですが、その費用が高いということ目でメリットです。このほか、メガバンクは様々な支店があるため、銀行の担当者が転勤する可能性があるということもデメリットです。担当者がころころ変わってしまうと、長期的な信頼関係が築けません。