ネットバンクを選ぶ場合のメリット・デメリット

ネットバンクならではの利点

法人口座の開設でネットバンクを利用するメリットの中でも特に大きなポイントとなるのが維持費に対する手数料の有無です。国内の有人店舗を構える大手銀行の場合、会社によって若干の違いはありますが、オンラインバンクの維持に月額数千円の費用が必要となります。それに対してインターネット上の取引をメインとしているネットバンクは維持費が発生しません。例え月額数千円程度であっても長い目で見れば大きな出費となるので、この点は魅力と言えます。
また、ネットバンクは手数料の安さも特徴の一つです。業務に関わる支払いや従業員一人ひとりの口座に振り込む毎月の給料など、振込む回数が多くなるほど手数料の負担は増えます。会社のコストを抑える意味でも手数料の安さは大きなメリットです。

気を付けるべき注意点

ネットバンクで法人口座を開設する上で注意しなくてはいけない点もあります。その一つが信頼性で、ネットバンクは携帯電話やパソコンの普及に伴って需要が伸びていますが、利用における安心感という部分で大手銀行に劣っているのは否めません。
そしてビジネス上のデメリットとして挙げられるのが融資の問題です。会社として融資を受ける場合、メインバンクでの取引実績が重要な判断材料となります。ネットバンクを利用した取引は実績として認められないケースが多く、それを理由に融資を断られてしまうこともあるので注意が必要です。
そのほかにも、ネットバンクは社会保険を始めとした公金の取扱指定金融業者に含まれていないことで引落しができないというデメリットもあります。