審査に通る為の説得材料を探す着眼点は?

会社の実在をしっかりと示す

法人口座を開設する際には、様々な審査があります。銀行としては、法人口座を開設するといわれて、いざ解説してみたら詐欺などに活用されていたとなっては、信用問題にもかかわるのでできる限り防ぎたいと考えています。このことから審査を厳しくするので、まずは会社の実態をしっかりと示すと、法人口座開設をしやすくなります。会社の実態をしっかりと示すためには、会社の所在を明らかにすることがおすすめです。振り込め詐欺などの犯罪集団は、会社をすぐに移転することが可能なバーチャルオフィスやシェアオフィスを活用していることが多いので、これらを活用せずにしっかりと会社の拠点を定めていることをアピールします。このほか、固定電話を持つことも必要です。

会社の安定性・将来性を示す

法人の口座の開設の際には、審査によって会社の実態も調査されます。実態がない会社や、事業内容がしっかりしておらず、すぐになくなってしまうような会社に対して銀行側は法人口座の開設を許可しません。そのため、書類審査や面接の際には、会社の実態、および会社の安定性・将来性を示すことがおすすめです。会社の実態を示すために、会社案内のパンフレットやホームページを提示するほか、事業計画書などによって事業目的をしっかりと説明することができるようにしておくと審査が通りやすくなります。また、資金面で乏しいと、計画性や将来性がなくすぐに会社がダメになると考えらえてしまう可能性もあるので、資本金をある程度確保していることを示すことも必要です。